So-net無料ブログ作成

「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」を見てきました。 [映画:ハ行]

2007年 イギリス=フランス
監督 エドガー・ライト

予告編見た時にかなり気になった作品だったんです。
しかしこれ、実は日本では当初公開の予定がなくて、署名活動によってなんとか公開を果たしたという、苦境の中から立ち上がって来た映画だったんですね。

主人公のニコラス・エンジェルはロンドンでエリート刑事としてバリバリ仕事をしていました。
しかし彼は「周りが無能に見えちゃうから」という無理矢理な理由によって左遷されてしまいます。
そこは田舎町サンドフォード・・・「全国のステキな街コンテスト」連続1位、のどか過ぎて事件など起こりそうにない街だったのです。

相棒になったダニーは警察映画の大ファンで、「バッドボーイズ・トゥーバッド」などのの名シーンに憧れちゃったりしています。
元来まじめなニコラスは、逃げた白鳥を追いかけたりしながらシッカリ任務をこなして行きます。

そんなある時、不審な「事故」が連続で発生しました。
短い期間で何人も死人が出たにも関わらず、待ちの人々、ひいては警察の同僚達まで事故と疑わず、逆にたしなめられるニコラス。
明らかに怪しいこの事件、真相は意外な所にあり、そしてクライマックスの街全体での銃撃戦!が繰り広げられます。

この映画ものすごい面白かったです!
笑える要素もたくさんあって、イギリス的ジョークも満載ですが、それ以上にストーリーに引き込まれます。
意外とグロいシーンもあり、そして「犯人は一体?」というサスペンス要素、更にはニコラスが「本当に自分が殺人事件と決めつけているだけなのかも知れない」なんて苦悩するところまで、いいエピソードも満載です。

そして痛快きわまりない銃撃戦!
スーパーで仲間達と共闘し、仲間(元は超やる気なかった)がニコラスに粋なセリフを言っちゃったり、ダニーが「映画のこのシーンが大好きだ」というシーンを・・・・など、言ってしまうともったいない位の名シーンもたくさんあります。
ハリウッドの警察映画、わたしはあまり見たことなかったのであまり気づけませんでしたが、この辺に詳しい人なら大爆笑できるネタもたくさんあったと思います。

ゾンビ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』で往年の名ゾンビ映画へオマージュを捧げたエドガー・ライトとサイモン・ペッグ(ニコラス役。今回は共同脚本もしてました)、彼らの警察映画への愛情も感じられる作品でした。
単なるパロディの1枚も2枚も上を行く映画でした。
署名活動のことは公開決定後に知ったので、わたしは何も出来ませんでしたが、本当に公開してくれて良かったなぁと思いました。
彼らの今後の映画にも、とっても期待大です!


ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]

ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 3

江戸うっどスキー

はじめまして、お邪魔します。
楽しかったですよね。ニヤニヤしながら観ていました。
脚本も良く練ってあったと思います。
「ハートブルー」が好きで、あのシーンは爆笑でした。
by 江戸うっどスキー (2008-08-07 23:40) 

トミュウ

> 江戸うっどスキーさま

初めまして!コメントとnice!ありがとうございます!
笑える所たくさんありましたよね〜。
「ハートブルー」のところも最高でした!
よろしければまたお越し下さいませ〜。
by トミュウ (2008-08-12 22:43) 

hash

こんばんは。
>署名活動によってなんとか公開を果たした
そんなこともあるんですね。

いろいろな要素が盛り込まれていて、得した気にさせてくれる作品でした。
by hash (2009-06-28 00:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます