So-net無料ブログ作成

「ショーン・オブ・ザ・デッド」 を見ました。 [映画:サ行]

2004年 イギリス
監督 エドガー・ライト

ホット・ファズ!俺たちスーパーポリスメン』が大変面白かった、エドガー・ライト監督&サイモン・ペッグ主演のゾンビ・コメディ!です。
これ日本未公開だったそうでなんとも残念ですが、まぁDVDで見れるだけ良かったとしますか。

ロンドンで電気屋の店員として働いているショーンは、特に人生に対する目的などもなく、毎日のように親友のエドとパブで飲み明かす日々を過ごしています。
そんな彼に、長くつきあっている恋人リズもついにキレて別れ話になってしまいます。
そこで初めて自分を改め、リズの心を取り戻そうと決意した彼ですが、結局2人で行こうと約束したレストランの予約を入れ忘れ、結局いつものパブになったりと全然うまく行きません。

しかしそうしている間に、ロンドンの街はどんどんゾンビで溢れかえって行くのでした・・・。

最初の方に長回しで流れる、ショーンが近所のお店に行くシーンが本当に良いですね。
これ、何回か繰り返されるんですが、最初に出てくる近所のサッカー少年も、ショーンが必ずつまづく場所で車を洗っている人も、そして店のお客さんや向こう側にいる人などが、次に見たときは皆ゾンビに変貌・・・!というすばらしい構成になっています。
しかも、ゾンビ化した時に通ったショーンが、ギリギリの所でゾンビとの遭遇を避け(またはゾンビと気づかず)て家までたどり着く・・・という、「あり得ないでしょ〜」というニアミス感も本当楽しいです。

家に帰ったショーンは、家でゲームをしていたエドとテレビのニュースを見て、街がゾンビだらけになっていることを知りますが、その頃にはもう庭までゾンビがやって来ていて、2対2のバトルになります!
そこで頭を狙えば良いと知った彼らが取り出す道具がなんとLPレコード・・・!
ここのエドとショーンのやり取りに大爆笑です!
「これは投げても良いか」「それはダメ」「シャーデーは?」「投げろ」「ストーン・ローゼス・・・セカンド・カミング」「俺は好きだよ!?」とか言うやり取りが最高です!

離れて暮らす母親とリズを助けて安全な場所に行かなければと決意したショーンは、エドと一緒に家を出てリズの家、母親の家に行きます。
そこで友人(ハリー・ポッター似)達や母親の再婚相手も連れて、いつものパブに向かうのですが、1人また1人とゾンビのえじきとなって行きます・・・。

この映画完全にコメディなんですけど、過去のゾンビ映画へのオマージュがたくさん詰まっていて、ちゃんとゾンビ映画としての楽しみ方も出来るようになっています。
仲間がどんどん噛まれて行って、いつゾンビ化してしまうのか・・・というスリル感や、ハリー・ポッターはちょっと嫌な感じのヤツなんですが、彼がかなりえげつない方法でゾンビにやられてしまったりする所などは、お約束来たー!という感じで良いです。
そんな訳で、監督とサイモン・ペッグのゾンビ映画への愛がタップリ詰まった作品でした。

ちなみにエドガー・ライト監督、タランティーノとロバート・ロドリゲスの『グラインドハウス』のフェイク予告編の1つも担当していたそうで(Don't)・・・あんまり覚えていないのでもう1回見たいです。

本当に面白いのに、この映画もそうだったし『ホット・ファズ』も危うく未公開になる所だったんですよね。もったいない話です。
新作『スコット・ピルグリム』は無事に秋に公開されるとか・・・?是非公開してもらいたいですね。本当に楽しみです!


ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

hash

「ホット・ファズ」は面白かったので、本作もぜひ観たいです。
by hash (2010-05-30 01:15) 

トミュウ

> hashさん
nice!とコメントありがとうございます!
「ホット・ファズ」面白かったですよね!
記事に挙げたような素晴らしいシーンもたくさんあるので、見たら
是非感想聞かせて下さい!
by トミュウ (2010-05-30 19:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます