So-net無料ブログ作成

「人生万歳!」 を見てきました。 [映画:サ行]

2009年 アメリカ
監督 ウディ・アレン

最近はヨーロッパで映画を撮影していたウディ・アレン監督が、久しぶりにニューヨークで撮影した作品!とのことで、とっても楽しみにしていました。
ちなみにこの作品がアレン監督の通算40作品目だということですよ〜。

ニューヨークで暮らす初老の男性ボリスは、物理学でノーベル賞候補にもなるほどの実績を持つものの、妻や地位も失ってしまい、数少ない友人に毒舌を披露したりする日々を送っています。
ある日、彼は南部から家出して来た女の子、メロディに「行く所がない」と頼まれて家にしばらく置いてあげることにします。

基本毒舌で辛辣なボリスなんですが、メロディは良く言えば天然ボケなタイプで、彼の嫌味も全然効果がありません。
それどころか、メロディはたまに見せる彼の優しい所に惹かれて「運命の人」と思い込み(?)、ついには告白・・・そしてなんと、2人は結婚してしまいます。
チャイナタウンで果物を買ったりと、結構いい夫婦生活を送っていた2人の家に、突然メロディの母親が訪問してきます。
はじめは自分よりも年上の「息子」に卒倒する母親ですが、実は彼女も夫=メロディの父親と別れて来て、いろいろと問題があることが分かってきます。
更にはメロディの父親までやって来て・・・とバタバタとメロディ一家に振り回されるボリスですが、そうしているうちに彼自身も何となく考え方が変わって行きます・・・。

ボリス=ラリー・ディビッドの雰囲気がとても良くて、時々ウディ・アレンの話し方や仕草そのまま!と思える部分には笑わせてもらいました。
メロディ=エバン・レイチェルウッドもチャーミングで良かったです。

そしてやっぱり!ウディ・アレンの撮るニューヨークは感慨深いものがありますね。
最初に観光名所をポイントポイントで入れつつ、チャイナタウンなどのいつもとは雰囲気が違う所、これまでの作品のイメージを彷彿とさせる町中の風景など・・・なんというか、安心感のようなものさえ感じられます。
そしてやはり軽快なジャズとの組み合わせもピッタリで、この組み合わせをまた堪能できた!というだけでもとっても得した気持ちになれちゃいます。

皆自分らしい道を見つけることができるよ・・・というまさに邦題通りのハッピーなメッセージが込められていて、とても嬉しい気持ちになれた作品でした。

ところで・・・この作品を見た恵比寿ガーデンシネマですが、惜しくも2011年1月で閉館してしまいます。
そんな恵比寿ガーデンシネマの最後の上映作品がこの『人生万歳!』というのは更に感慨深いですし、でもなんというか・・・ハッピーにお別れしようというか、そういう気分になれた感じがします。
寂しいですが・・・今まで興味深い作品を数多く紹介してくれた恵比寿ガーデンシネマに感謝したいと思います!


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 7

coco030705

こんばんは!私も観ました。おもしろかったです!!
やっぱりウディ・アレン映画はジャズがなくちゃね。

恵比寿ガーデンシネマが閉館とは寂しいですね。
大阪のガーデンシネマはけっこうはやってますよ。
私も近々記事をアップしま~す。
by coco030705 (2011-01-10 00:22) 

トミュウ

> ココさん
nice!とコメントありがとうございます!
ココさんも観ましたか〜、やっぱりアレン映画のジャズとニューヨーク、
良いですよね。
感想楽しみにしています!

最近首都圏の良いミニシアターが続々と閉まって寂しいです・・・。
結構いつも混んでいる印象だったんですが・・・なかなか難しいんでしょうかね。
by トミュウ (2011-01-10 18:31) 

トミュウ

> つむじかぜ さま
nice!ありがとうございます!
by トミュウ (2011-01-10 19:29) 

coco030705

こんばんは!
観ました☆ TBさせていただきます。
by coco030705 (2011-01-13 21:35) 

トミュウ

> ココさん
再びコメント&TBありがとうございます!
やはりウディ・アレン映画のジャズとニューヨークは良いですよね〜。
by トミュウ (2011-01-15 22:52) 

hash

こんばんは。
やはり、ニューヨークが舞台だと、落ち着いて観られるような安心感がありますね。

近年は、W・アレンの映画と言えば、ガーデンシネマというイメージでした。今後はどこで上映されるのか気がかりです。
by hash (2011-01-16 23:38) 

トミュウ

> hashさん
こんばんは!nice!とコメントありがとうございます!
ウディ・アレンの撮るニューヨークは本当、安心感ですよね〜。

恵比寿ガーデンシネマは独特のラインナップだったと思うので、
閉館で今後そういった作品が上映される機会が減るのは不安ですね。
ウディの映画もどこで見れるようになるでしょうね・・・。


by トミュウ (2011-01-22 20:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます