So-net無料ブログ作成

「ムーンライズ・キングダム」 を見てきました。 [映画:マ行]

2012年 アメリカ
監督 ウェス・アンダーソン

ウェス・アンダーソン監督作品は大好きで、毎回とっても楽しみにしています!
この作品も予告を見た時からすごく期待して待っていました。
アンダーソン監督作品にはおなじみのビル・マーレイと、なんとブルース・ウィリスが共演!
他にも豪華出演陣が揃っていて、それだけでもワクワクしてしまいますね〜。

冒頭、これぞアンダーソン節!と言わんばかりの「お家縦割り映像」で、とある家族の暮らす家をススス〜っと映してみせます。
舞台は60年代のニューイングランド島、ビル・マーレイ演じる父親と妻、そして長女のスージーと3人の弟達が、それぞれ自分たちの時間を過ごしています。

一方、ボーイスカウトの1員で、いつも問題を引き起こしているサムは、他のメンバーがいつも通りの朝を迎えている(ここの横スクロール映像も良かったです!)ある日、テントから脱走していました。
彼の目的は、スージーと駆け落ちすること!
共に12歳の2人はある演劇のイベントでお互いに恋をして、今いる場所=スージーは厳格すぎる「家」、サムはなじめない「ボーイスカウト」から逃げ出すことにします・・・!

主人公の2人がとっても印象的なんですよね〜。
メガネでなんとなく頼りない感じのサムと、60年代ファッションのせいかやたら大人っぽく見えるスージーが、彼らなりの最大限の冒険をする!というのが本当に良いですよね。
自分にももちろん12歳だった頃はあって、その頃こんな冒険はなかったですが、なんかいろいろな事に真剣だったよな〜と懐かしく感じました。

2人に振り回される大人達がこれまた素晴らしく良いです。
厳格で、やたら哀愁を漂わせている父親(ビル・マーレイ)。
母親(フランシス・マクドーマンド)はその気詰まりさからか、島に1人だけの保安官(ブルース・ウィリス!)と浮気中。
ボーイスカウトの隊長(エドワード・ノートン)も頼りなさ全開って感じです。

・・・改めて書くと、本当に豪華すぎますよね〜。
特にブルース・ウィリス!まさか『LOOPER』のすぐ後にこんな役柄のウィリスを見れるなんて!
マシンガンを撃ちまくっていた姿とはうって変わって、寂しげな雰囲気が印象的な保安官の役でしたが、それでもさすがアクションスター、この映画唯一のアクションシーン(?)をシッカリ担当してくれています。

他にもティルダ・スウィントンやジェイソン・シュワルツマンなど、わたしの好きな俳優さん達がたくさん揃っていて「こんな役で出てくるのか〜!」とニヤニヤしながら見ていました。
これだけ多くのスターが揃うというのは、やはり俳優さん達にもアンダーソン監督って「是非彼の作品に出たい」と思わせる独特の人気があるという事なのかな〜と思います。

相変わらずの独特のテンポとホンワカした感じなんですが、最後にちょっと泣ける展開が待っていて、そして見終わったあとはとっても温かい気持ちになります。
アンダーソン監督作品はどれもこういう気持ちになれますが、この作品はそれが更にパワーアップした感じがしました。

思い出したらまた以前の作品も見直してみたくなりました。
次作を楽しみにしつつ、以前の作品をちょこちょこ見直したいと思います。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

coco030705

こんばんは。
ウェス・アンダーソン監督作品は「ライフ・アクアティック」を観ました。
トミュウさんおっしゃるところの、「お家縦割り映像」がおもしろいですよね~!ブルース・ウィリスがでてるなんてすごい!!大阪ではまだやってません。そのうち上映が始まったら観に行きたいですね。
by coco030705 (2013-03-26 00:49) 

トミュウ

> ココさん
こんばんは。nice!とコメントありがとうございます!
「ライフ・アクアティック」にもあった、あの縦割り映像がまた見れてとても楽しかったです。
ブルース・ウィリス面白かったですよ。
観たら是非感想聞かせて下さい〜。
by トミュウ (2013-03-31 01:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます