So-net無料ブログ作成

「ザ・マスター」 を見てきました。 [映画:サ行]

2012年 アメリカ
監督 ポール・トーマス・アンダーソン

見たのはだいぶ前なんですが、なかなか上げる機会がなく・・・。今後もちょっと前の映画の感想が続きます。

ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は2007年との事で、5年ぶりだったんですね〜。
この作品も、予告編でホアキン・フェニックス主演、新興宗教がテーマとのことで、随分楽しみにしていました。

舞台は第2次大戦後のアメリカです。
帰還兵のフレディ・クエルは、戦地でアルコール中毒になって以来抜け出す事が出来ず、鬱々とした日々を過ごしていました。
そんな彼が、あるパーティーの船に忍び込み、そこで「マスター」と呼ばれる人物に出会います。
その人物は新しい宗教団体「ザ・コーズ」の指導者ランカスター・ドッド。

独自の「メソッド」と巧みな話術で爆発的に支持者を増やしているマスターは、フレディの事も受け入れ、いろいろとカウンセリングを施したりします。
フレディもマスターのキャラクターに興味を持ったのか、船を降りてからも彼の元を離れませんでした。
そして次第に、彼らの絆が深まって行きます・・・。

マスター役のフィリップ・シーモア・ホフマン、良かったですねぇ〜。
見た目はいかにも人の良さそうなおじさん(おじいさん?)。
時折ジョークを織り交ぜたりして、人を惹き付ける話し方もとても魅力的。
だけど、彼のメソッドに疑問を持つ人物が現れて都合の悪い質問があったりすると、突然怒りだしまともに答えない・・・という、いろいろな意味で「いかにも」なキャラクターにすごく合っていました!

マスターをだんだん慕って行くフレディのホアキン・フェニックスも、ダメな感じが良く出ていて良かったですね〜。
猫背な歩き方からしてもう、キャラクターが立っていて面白かったです。
どこにも居場所がなくなってしまったフレディが、マスターのためを思って自分なりによかれと思ってしている事が微妙に亀裂を生んで行く・・・という所も良かったですね。

ですが、前作のようなビリビリ迫るような緊迫感が薄くて、若干期待していたのと違うな・・・?と思ったのも事実でして。
わたし自身も期待し過ぎなところがあった気がしますし、それなりにピリッと来るところはあって良かったんですが、特にラストの方なんかは「あれ?こんなもの?」って思ってしまいました。

まぁなかなか難しい題材でもありますし、最終的に柔らかい方向で決着がついてほっとしたところもあります。

アンダーソン監督はこうやってみるとあまり多くの作品を撮る監督ではないのかな?
でも次作の予定はあるみたいですので、今後も楽しみにしたいと思います。




ザ・マスター [Blu-ray]

ザ・マスター [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます