So-net無料ブログ作成

「イップ・マン 序章」 を見ました。 [映画:ア行]


2008年 香港
監督 ウィルソン・イップ

日本では「イップ・マン 葉問」より後に公開されたこの作品、実際はこれが1作目なんですよね。
こちらは「葉問」の動員数が一定の数を超えたら劇場公開!という展開で、見事目標値を超えて劇場公開された記憶がありますが、劇場には見に行けず、やっと見る事ができました。

舞台は1930年代の中国広東省佛山。
家族と平和な生活を送っている詠春拳の達人、イップ・マン。
彼のまわりには手合わせを願う人達が集まって来て、彼らをひとヒネリで倒してしまうのでした。

そんな頃日中戦争が始まり、佛山も日本軍の占領下に。
住む家を奪われ、貧乏な生活を強いられることになったイップ・マンに対し、武術家でもある日本軍の将校に武術を教えるよう招集(?)が来ます。

やっぱりドニー・イェンは良いですね。
見た目全然マッスルな感じではないのに、ひょいひょいと敵をやっつけてしまう姿は爽快ですね。
そして、途中で工場の従業員(若者も、おばちゃんもおじちゃんもいる)達にカンフーを教えて、彼らもちょっとずつ強くなって行く所なんかもとても良いです。

この作品、当然香港の作品ということもあって、日本軍の人達のすることはえげつないです。
自分は日本人なので、やっぱりあんまり「日本=悪」とハッキリと描かれるとちょっと心が痛い感じがするのですが、ここはあえてあまり深く考えすぎずに見るしかないんですよね。
それでも池内博之が演じた将校・三浦は、他の日本軍人達と違って武道家らしい男気を持っていて、そこだけはちょっと救いになりましたけどね。

話の展開はどん底に落ちて、工場の人達との交流を経てちょっと復活し、日本軍人達とのラストバトル!という、言ってみればベタな展開ですが、段々盛り上がって行く感じが面白かったです。
カンフーのシーンは本当にスピードがすごいです!
映画なのでいろいろ決まっているはずで、その中でやっているとしても本当にすごいです。

ドニー・イェンや池内博之はもちろん、ラム・カートンやサイモン・ヤムなど、他のキャストもなかなか良かったです〜。
イヤ〜な日本兵を演じた渋谷天馬さんもいい感じでした!
ドニー・イェンの登場する作品、他の作品もやっぱりいろいろ気になってしまうので、これからの作品も楽しみにしたいと思います。





イップ・マン 序章 [DVD]

イップ・マン 序章 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます