So-net無料ブログ作成

「パシフィック・リム」 を見ました。 [映画:ハ行]

2013年 アメリカ
監督 ギルレモ・デル・トロ

この作品、公開前からずっと面白そうだと思っていたのですが、機会がなくて結局劇場では見れなかったんですよね。
やっとのことで見る事が出来ました。

2013年、未知の巨大生命体が地球に襲来し、いくつもの都市が壊滅状態になりました。
人類は団結し、イエーガーと呼ばれる人形巨大兵器を開発して何とかその生命体=KAIJUを退けます。

それから10年後、KAIJUとの戦いは続いている状況。
主人公ローリーは、かつてKAIJUとの戦いで兄を失い、そのショックからイエーガーの操縦を辞めていました。
どんどんやってくるKAIJUとの戦いに苦戦するようになって来た状況を知り、ローリーは再びイエーガーに載る事を決意します・・・。

なんというか、良くあるロボットアニメや特撮物にありがちな感じのストーリーですよね。
でもそこが良いんです、この作品は。
デル・トロ監督は本当に特撮などが好きだそうで、そういう愛情がお約束の展開の中に溢れんばかりに盛り込まれていて、見ていて楽しいです。

ローリーとそのパートナー、モリマコが乗る機体の他にも、ロシア製のクラシカルなデザインの機体、中国製の真っ赤な機体、そしてオーストラリア製のゴツい機体と、いくつかイエーガーは出てきます。
これらイエーガー達の設定を見ているだけでもワクワクしてしまうので、個人的には、このイエーガー達がそれぞれの個性を生かしつつチームとして戦ってくれたらもっと面白かったのにな〜と思います。

そしてKAIJU達のできばえも素晴らしいです。
こっちも相当コダワリを持って作ったんだろうな〜というのが分かって、アッサリやられてしまうのがもったいないくらいでした。

とまあ、惜しい所はいろいろあったんですが、ライバルや過去の話など、人間キャラの話もシッカリ作ってあったので、見ていて本当に楽しめました。
どれもがお約束的な感じではあったんですが、もうこの作品はこういう「様式美」のような物を楽しみつつ、映像の迫力を楽しむ作品なんだろうと思います。

デル・トロ監督の次の作品のウワサもいろいろと出ていますね。
今作の続編はあるのかな?どちらにしろ、今後の作品も楽しみにしたいと思います。




パシフィック・リム [Blu-ray]

パシフィック・リム [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます